闇金の種類と手口を解説!対策方法は?

闇金

違法な取立てや詐欺のような種類もある「闇金」ですが、さまざまな種類の闇金があります。

「090金融」から借り入れしてしまった。怪しい所から借り入れしようとしている。など、理由はお金に困ると様々あると思いますが、絶対に避けましょう。

今回は、闇金の手口や種類について徹底解説したいと思います。

興味がある方は最後までよろしくお願いいたします

闇金

闇金(やみきん)とは、貸金業としての登録を行わずに違法な高金利を取り、さらには悪質な手口で利用者から金銭の回収を目論む業者のことを示します。緊急でお金が必要になった時、しかし手元に相応のお金がない時、人はワラにもすがる思いでヤミ金からお金を借りてしまいがちですが、絶対に避けましょう。

闇金の種類

090金融

連絡先が携帯電話の番号しかない業者です。貸金業を行うには固定電話の登録が必須ですので、間違いなく闇金業者であることが分かります。事務所や店舗を持っていない闇金も多いため、シッポを掴みにくいという難点もあります。藁をも掴む思いでこういった業者に駆け込む人もいますが、それならば任意整理や自己破産を進めた方がましです。

自動車金融

自動車金融は車を担保にしてお金を借りる方法です。ちゃんとした業者ならば「担保あり融資」という立派な方法ですが、闇金の自動車金融は違います。担保ではなく自動車を売ることになります。

そして車自体はリースという形で乗り続けることになります。もちろんお金に困っているというところを突かれ、安い金額で買い叩かれることになるのです。中にはそのまま車を取られる事も。

紹介屋

割りと古くからある手口で、キャッシングの依頼に来たお客に対し「うちでは無理だけど口を利いて借りられるところを紹介します」という手口です。実際には、単に借り入れ審査の通りそうな業者を紹介するだけで、裏で手を回したり口を利くようなこともしていません。そのクセ手数料だけはしっかりと取るという悪質な業者です。さらに悪質なところになると、申し込みで入手したお客の個人情報を売ったりもします。私たちにしてみれば、直接審査の通る業者に行けば手数料など取られる必要もないのです。

カラ貸し

もはや貸し借りの契約も行わず、単に取り立てだけする犯罪業者です。ターゲットとされるのは、自分の借りている状況を把握できていない人で、裏でカモリストとして回されているという噂もあります。

押し貸し

勝手に銀行口座などにお金を振り込み、後から返済と利息分を要求してきます。完全な犯罪業者ですので、支払いの義務などありませんので、決して相手の要求をのまないことです。

信用屋

キャッシングをする際に信用情報の状況が審査に影響するのはよく知られたことですよね。
そこを利用し「今の信用状況では融資は難しいが、信用を作るために◯◯万円振り込めば◯◯万円の融資が可能です」などと言われます。そこで言われたとおりに◯◯万円振り込むと、そこでお終いです。それ以上の融資もありませんし、振り込んだお金が返ってくることもないのです。信用情報がお金で操作できる訳はありません。

闇金の見分け方

国や都道府県に登録していない

そもそも消費者金融業者として貸金業を行うためには、国や都道府県から営業許可を受けて登録をしている必要があります。つまり登録をしていない時点で立派な違法闇金業者なので気をつけましょう。

登録番号はこちらから調べられます→ 登録貸金業者情報検索入力ページ

ただ、最近では、照会屋など貸金業番号を登録している所もあります。

信用できるのは財務局ですが、例えば○○知事(1)→この(1)は1年目と言うことで信用はできません。

闇金の対策方法は?

警察の場合、「民事不介入」といって、応じてくれない場合があります。なので、闇金と関わってしまった場合は弁護士さんに相談しましょう。

大抵の場合は、支払いしなくて良いか、元金を支払うことで解決できます。

闇金の種類と手口を解説!対策方法は?まとめ

如何でしたでしょうか?闇金に関わると良くありません。もし、関わってしまった場合、専門家に依頼するのが一番でしょう。

以上、闇金の種類と手口を解説!対策方法は?まとめでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました