管理人の債務整理体験談!楽になった?どうなの?

債務整理体験談

みなさんは、債務整理をしたいけど、債務整理を実際にした時にたとえば、「人生が終わりだ・・」なんて思ったりしませんか?

実は、それは違います!債務整理とは、借金から逃れ、新たなリスタートをきるための方法なんです。

良く思われがちなのが、債務整理をすると「周囲にばれ、会社を辞めさせられる」「家や貯金などの財産を没収され、何も無くなる」「家族に迷惑が掛かる」などですが、財産が無くなるのは「自己破産」のみで、他の整理方法であれば、財産を残したまま、債務整理が可能です。

今回は実際に債務整理をするまでの実体験をお話したいと思います。興味がある方は最後までよろしくお願いいたします

債務整理までの経緯

私は、もともと、20代前半の頃、洋服が好きで洋服屋で働いていました。洋服屋といっても今のように働き方改革などはなく、毎日残業で、洋服も自分で購入しなければなりません。

給料も今のように厳しくなかったので、誤魔化されておりました。30日勤務し、手取りで10万程度でしょうか。しかし、クレジットカードを学生の頃に作っていたので、ある程度は欲しいものを購入できました。しかし、生活は一杯一杯でしたので、気づけばリボ払いで50万程の借金になっていきました、

彼女の妊娠

ある日、彼女に子供ができました。子供を下ろす費用は20万程度だと聞きました。

費用を工面するため、模索しました。この時に今の私なら、仕事を辞め、新しい仕事に就くか、Wワークなどをしてお金を稼ぎに出たでしょう。しかし、当時責任感のある店長のポジションを任されていた私は、辞めるとも言えず消費者金融であるモビットを利用したのが借金地獄の始まりです。

消費者金融は、カードローンですが、支払いは1月に一回。しかも利息さえ入金できれば問題ありません。

20万借り入れしても、利息だけなら3000円程度の入金。なんて便利なんだ!

正直こう思いました。そして、馬鹿な私は、すぐに限度額MAXの50万まで到達していきます。

返す為の借り入れ

モビットの毎月支払い15000円。クレジットカードの支払い15000円になりました。正直給料が10万だった私は、家賃4万、電気、ガス光熱費1万、電車賃1万だった私はさすがに1万だけでは生活は苦しくなります。そこで、見切りを付け違う会社に転職しました。

返済の為の転職

返済するために、違う会社に勤めました。こちらでは毎月15万円いただけたので、生活はまだ楽になります。しかし、大きな会社でしたので、付き合いが多く、遊びに行くことも増えました。

返済していた分もあっという間になくなり、ついに他の借り入れをするようになりました。

自転車操業

何年か勤め、出世していき給料も手取りで25万程度になった頃、借り入れをし、返す、を繰り返すようになり、気づいた時には300万程度の借金になっていました。正直生活も苦しく、返済して生活費を引き出す。。ような生活です。

そして、一度クレジットカードの返済が遅れ、ついに限度額が下がりました。

返済できなくなり、パンクする

クレジットカードが支払いだけのカードになった後はわかりやすく、返済できない状態になりました。督促が毎日掛かってきていて、一括請求の嵐です。

会社にも毎日連絡があり、怪しまれ、そこで何とかしようとおもったのがおまとめローンでした。

おまとめだと思っていたら照会屋だった

おまとめローンとは、銀行から借り入れなどをして、300万をひとつにまとめる事で支払い金額を圧縮する方法です。しかし、滞納していた私は、借り入れすらできません。

そこで、怪しいHPからおまとめローンを申し込みしてみました。すると

「通りました!」という連絡がありました。でも、対応が変で

正直なんだか怪しい。。怪しいところから借り入れすると大変なことになるかもしれない・・

と思い、債務整理も考えていたので、無料相談のある法律事務所に相談してみました。

そこでわかったのは、闇金だったのです。今思えば、相談して本当に良かったと思いました。

債務整理を決意

弁護士さんにいろいろ相談し、債務整理を決意しました。その場で受任してもらい費用は分割です。

弁護士さん
弁護士さん

債務整理を検討されている方は、お金に困っている方が多いですから基本的に分割に応じております。督促は、明日中には止まると思います。

その場で使っていたカードにはさみを入れます。これは、債務整理をする人の儀式みたいなものです。

私の場合は、自己破産なので費用はおよそ30万。

弁護士さん
弁護士さん

免責まで半年~長くて1年かかる方もおられますが、費用は分割でそれまで支払ってください。

つまり、弁護士さんに支払いする費用は5万ずつ。かなりこれでも楽になりました。

あとは、家族の通帳や自分の通帳の履歴や書類を集めていきます。

自己破産申し立て

半年たった頃、申し立てを行いました。といっても弁護士さんがです。

その頃はカードがない生活に慣れていたので、特に困ることもなく、平穏な日々が取り戻せています。そして、破産手続開始決定の連絡がありました。

免責審尋へ行った

裁判官との面接を行うため、弁護士と1度裁判所へ行きます。

面接といっても法廷ではありません、「はい、次の方~」と言う感じで小さい部屋に弁護士と入り、調書を裁判官が読み、「なぜそうなったと思うのか?」と言う事を聞かれるだけです。

「今後は気をつけて下さい。」といわれ、後にしました。

免責許可決定

1ヵ月を経過することにより、免責許可決定が法的に確定し弁護士さんから「免責が確定しました」と連絡がありました。

晴れて自己破産し、リスタートできました。

管理人の債務整理体験談!楽になった?どうなの?まとめ

実際にして良かったか悪かったか?もちろん、良かったです。

生活が楽になり、安定し、家庭を持つこともできました。カードがないリスクや、借金ができないリスクはまったく感じたことがありません。

むしろ、お金の管理をしやすくなり、貯金までできました。

もし、これをみている方が「債務整理」を考えているならまずは相談する事をオススメします!

以上、管理人の債務整理体験談!楽になった?どうなの?まとめでした!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました